病院と整骨院の違い

#

#

病院と整骨院での治療の違い

松戸市交通事故治療
病院では治らない
松戸市交通事故治療

交通事故に遭ったなら、症状が出ていないように思えてもまずは整形外科に行く必要があります。
そのようにしないと、その後の賠償請求などに影響が出てきます。
整形外科ではレントゲンやMRIによる検査が行われます。
仮にむちうち症で症状が出ている場合でも、画像上は「異常なし」と診断されることもあります。
もし軽傷であれば接骨院に行って、そこでの診断書を警察に提出するだけで済みます。

むちうち症を完治に持って行くためには通院しなければなりません。
その際の治療費は無料です。
つまり、整形外科に行っても接骨院を利用しても、加害者の加入している任意保険や自賠責保険から支払われますので、健康保険を使う必要もありません。
慢性化しないためにも適切なタイミングで適切な治療を受けましょう。

むちうち症に苦しむ方の中には、整形外科だけではなく接骨院にも通う方がおられます。
しかも同時に通院しているのはなぜでしょうか。

両方に通っている方のお話を聞いてみましょう。
「病院ではむちうち症をあまり真剣に考えていないようだ」、「検査をするだけで、あとは湿布を処方されるだけ」、「どこも悪くないと言われるけど、痛みがある」、「牽引しかしてくれない」、「内科や高齢者に忙しくて面倒を見てもらえない」などの声が上がっています。
しかし、整形外科の医師に言わせると、「接骨院では本来しなくてもいいようなことまで行なっている」ということです。

整形外科医や接骨院の院長先生が他院での治療をすすめない理由は何でしょうか。
それは単なる個人の利害による場合が少なくありません。
大きな病院の勤務医であれば、他の病院に患者が行くことには反対しなくても、経営者の観点でものを考える個人開業の医師は、患者を囲っておきたいと思うのは当然です。
その一方で、保険会社は支払いを抑えることがその目的ですから、検査や診察、処方の階数が少ない医療機関を好みます。

患者に言わせれば、とにかく早く良くなりたいのです。
当院では、むちうち症に苦しんでいる患者さんに対しては整形外科と接骨院の併用をおすすめしています。
定期的に整形外科で検査を受けながら、接骨院で可能な施術を受けることがよいと考えます。
治療費が支払われるわけですから安心して受診してください。

松戸市にある店舗のご案内
TOPへ戻る