松戸市交通事故治療ブログ

スタッフブログ

スタッフブログ

肘関節側副靱帯損傷|松戸市

皆様こんにちは!
松戸市交通事故治療・むちうち.comです。

5月のゴールデンウィークも終わりましたが
いかがお過ごしですか?v
この連休、長い方ですと10日連休の方もいらっしゃったようですね。
また、反対にお休みの間、ずっとお仕事だったという方も
多くいらっしゃるのではないでしょうか?
連休中もお天気は良く、
お出かけにはもってこいの陽気でしたね。
少しづつ気温も上がり、上着がいらない日も増えました。
これから梅雨の季節に突入するとエアコンをつける日も増えてくることでしょう。

エアコンはお身体の体温調節機能が鈍くなってしまったり、
初夏でもお身体が冷えてしまう原因となります。
また、飲み物も冷たいものが美味しい季節になりましたが
冷たいものを摂りすぎてしまいますと、
お身体を冷やす原因となりますので、
夏こそあたたかい飲み物や食べ物を摂る様に心がけましょう。

さて、本日の松戸市交通事故・むちうち治療.comでは
交通事故による怪我のひとつでもあります
肘のいたみ、肘の怪我、
「肘関節側副靱帯損傷(ひじかんせつそくふくじんたいそんしょう)」
についてお話をさせて頂きたいと思います。

今年のゴールデンウィークでも
交通事故のニュースが流れてきましたが、
突然、予期せずにお身体に衝撃を受けてしまうと
お身体の様々な部位に損傷を受けてしまいます。

この肘関節側副靱帯損傷とは
本来、曲げ伸ばしをし、横には曲げることができないのが肘関節、
これは、肘関節の外と内に側副靱帯という靱帯があるからなのですが、
交通事故などによって強い衝撃を受けてしまうと
この靱帯が損傷してしまうことがあります。
もし、交通事故後に腕を伸ばした状態で、
力を加えることによって痛みを感じるようでしたら
この側副靱帯を損傷している可能性があるのです。

この肘関節側副靱帯損傷の治療には
骨折と同様に、固定をすることで回復を待ちます。
固定するためには、包帯、ギプスやテーピングを用いることがあります。
その他に、回復を早めるために医療的なマッサージを施し血行を促したり、
電気療法なども用いることがあります。

交通事故による怪我は、
損傷が1部分だけではなく、全身に損傷を負ってしまうこともあります。
肘の痛み、もしかしたら後回しになってしまうこともあるかもしれません。
ですが、交通事故に遭ってしまったら、
早めに病院へ足を運び、治療をすることが何よりも大切なのです。

松戸市交通事故治療・むちうち.com

松戸市にある店舗のご案内
TOPへ戻る